FC2ブログ
dj_top

上松香織

Author:上松香織
愛知県瀬戸市で器を作っています。
ビールを飲むことを日課としております。

日々のこと (11)
仕事 (8)
器 (8)
その他 (3)
未分類 (7)
音楽 (1)

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

瀬戸市で器を作っている上松香織のブログです。
http://uematsukaoriutsuwa.blog.fc2.com/
sen
2012.12.31(Mon) 15:27


今年も残すところわずかとなった。

昨日は仕事納めと、大掃除(中掃除?小掃除?)をした。といっても大したことはしていない。土の再生や、年を越す作品のお世話、あとは台所をぱっ!と拭いて、寝室をチョチョッ!と片付けて、お風呂をサッ!と掃除して、終了。
今は実家に帰るところ。


実家への電車の道のりは、乗り換えが多くてかなり面倒臭い。
盆正月に帰るので、いつも混んでいる。
けれど、電車の中で聞こえる会話が関西弁になってくると、ああ、帰って来た、とほっとする。


今年は珍しく関ヶ原に雪が積もっていなかった。
この東海道線の大垣から米原の区間は、実家への道のりでいちばん好きな区間だ。古戦場関ヶ原を含む山あいを、電車がガタゴトぬけてゆく。
途中、滋賀県最高峰の伊吹山が、雪を被って勇ましく門番をしている。
ススキが群れ、山里や小川を越え、時折粉雪が舞う中、なんだかしずかな、襟を正すような気持ちになってくる。
やおよろずの神様の声は、山里の方がほんの少し大きいのかもしれない。
こうして無事年の暮れを迎えられること、家族が達者であることに感謝。



さあ着いた。
皆様、よいお年をお迎えください。






 
スポンサーサイト



Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々のこと 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.12.29(Sat) 19:28
こんにちは!
いやこんばんは!


器モードがマックスだったので、ブログのことをすっかり忘れていました。
試作品をいっぱい作っています。
狙いどおりに焼きあがったら、たくさん作ろうとおもいます。



そんな近頃ですが。
一昨日、前の日にひいたモノどもの乾燥具合をみようと、いちばん薄い花入れに触ってみたら…。
なんと、メリメリメリ!!!と、割れてしまった。
ななめに、ねじれるような亀裂で、メリメリメリッ!と、今まで見たこともない感じに。


なんじゃこりゃー!!
混ぜた再生土が、なんか具合悪かったかな?他のはどうかと恐る恐る、触ってみる。
一つを除いて、無事のようだ。
ほっとして、削れるものは削って、ホリホリするために明るいところに持って行ってみると、何やらよからぬ斜め模様が、見えるか見えないかくらいに入っているものがある。
うーん…。
かまわん、彫っちゃえ!と、ホリホリしていたら、幾つかの斜め模様がはっきりしてきた。そして、一つは切れに至った。
お…恐ろしや!!!


仕方なく、少しでもあの不吉な模様があるものは壊し、残った無傷らしき3分の1程度を彫って、その日は終わりにした。新たにひいても良かったが、原因不明のままだとまた同じことを繰り返しそうで、やめた。
こんな切れ方、割れ方は、私の少ない経験の中では、はじめてだった。



その夜、しょんぼりとお風呂に浸かって、ぼーーーっとしていた。
それにしてもこのフロは寒いな、露天風呂だと思って良きに考えよう、みたいなことを考えていたら…。
チーンと、思いついてしまった。
もしかして!!!


こ…こ…。


凍ってしまったのかあの人たちは!!!


確かに最近ものすごく寒かったし、朝ひいたものに触ると氷のような冷たさだった…冬はそういうもんだと思っていたけれど。
急いでお風呂から出て、検索してみたら、ひいたものが凍ると割れるだの切れるだの、たくさん出てきた!
まさにこれだ~っ!
去年までは、同じ瀬戸市内の、ここから2kmも離れてないところにある工房で作っていたけれど、まったくこんなことは起こらなかった。
今年少し山寄りに引越して、はじめての冬。
そういえば窯業学校時代の友人で、今借りている住まいの近所から通っていた子の車には、何故か雪が積もっていることがあったな…。ギャグかと思った。



舐めてました。赤津の冬を。
家の中でも、普通に凍った。
立派な霜柱にうっとり見とれている場合ではありませんでした。
驚いたことに、ムロの中にいた者たちは、無事だった。
夏は重宝していたが、冬はムロのがむしろ寒いかな?くらいに思っていて、部屋に出して置いたほうが少しは乾くんではないかと思っていた。夜中はムロの中の方が暖かかったのかもしれない。
そういう場所に、作られているんだなぁ。今更ながら、この家の持ち主だった先生や、焼きものを作ってきた人たちのこれまでの知恵は、すごいと思った。

今日ひいたのは、すべてムロの中に入れて、夜中も小さく灯りをつけたままにしておいた。寒い地域では当たり前のようにされてきたことを、はじめてした。
凍った日に無事に見えたものも、焼いてみると駄目かもしれない。
けれど、一度焼いてみて、どうなるか見届けようと思う。



最初はガッカリしたが、ムロのある有難さを実感してしまったので、なんだかじんわり嬉しくなった。
今日はビールが美味しく飲めそうだ。






 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:仕事 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.12.13(Thu) 13:18
たまに器を載せていこうと思います。

moblog_e4b490b0.jpg
うさぎのカレー皿


うさぎ年生まれなので(?)
花に囲まれて遊んでいるうさぎさんです。
ゆったりとしたお皿になるように、ろくろ目を少し残した状態で仕上げています。釉薬は、ほんの少し艶をおさえた、わずかに濁りのある、少しだけ青緑の…という、控えめな女性のような雰囲気を意識しております。が、カビ知らずで、落としても場合によっては割れないという頑丈な女性でもあります。
カレーだけでなく、唐揚げやら麻婆豆腐やら、普段のおかずにガンガンお使いいただけます。




基本的に、白い器は好きです。
多くの人がそうかもしれませんが、一人暮らしをはじめた時から、食卓のどこかには白い器があったような気がします。料理を選ばないこと、盛り付けられた姿を容易に想像できること、テーブルが明るく見えること…そこまで考えて選んではいなかったと思いますが、とりあえず白がありゃいっか、と。
それがいつの頃からか、自分好みの白があることに気づいてしまったようです。
それは音楽の好みのたどる道のように、変遷を経て徐々に細かいところを探るようになってゆきました。とりあえずロックなら何でも、というところから、国境を越え、年代をさかのぼってはまた戻り、傾倒したり色褪せたりを繰り返して、結局自分の中に根を下ろした音楽のように。
そして小さく分かれた上でまたひとつになって、戻ってきたのです。
とりあえずロックがあれば、というところに、戻ってきたのです。(とはいえ、最初に見た景色とはずいぶん違って見えるのですが)



話がどんどんそれそうなので器に戻すと、好きな白は、ひとつではなく、幾つもあるのだけれど、どれも含みのある白、という点で共通しているのではないかと思います。
いい歳になってきたからか、濁りも混じり気も、いろいろ含んだ上でおおらかに白であることに、生活の中で出会う様々な感情を受容されたような安堵を感じるのです。
なんでも受け止めてくれる白。
これから器を作っていく中で、少しずつ、自分の好きな幾つもの白にたどりつけたらと思っています。
日々の当たり前を、静かに包みこんでくれますように。


 
Trackback(0) Comment(0) 
Category: 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.12.10(Mon) 12:00
積もりましたよー。
moblog_e195fc35.jpg






すっかりまっしろです!!
moblog_884317ef.jpg

放置椅子に座布団が!
けっこう分厚いです。後で座ってみます。
moblog_7a17199d.jpg

藤のお豆さんにも。
moblog_9fc043e0.jpg

蜘蛛の巣にも器用に積もっております。
moblog_9c55be77.jpg




今日はちゃんとカメラを持って外に出ました。
雪は綺麗です。
この静かさに、わくわくします。
うきうきします。
こうしてどんどん、日本から離れられなくなるのでしょう。
moblog_b5a4acb8.jpg














 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々のこと 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.12.09(Sun) 23:18
夕闇が濃くなった頃、子ども創造館の窓から、この冬はじめての雪を見た。



はじめはサラサラ軽い粉雪で、凍てついた地面に当たっては滑りながら砕け散り、だんだんぼってりと大きなまとまりになって降ってきた。
子どもたちは、ぎりぎり雪の降る前に帰って行った。帰り道で雪に遭った子は、大はしゃぎしていたかもしれないなぁ。従業員も少し早めに家路についた。


いつもより車通りが心なしか少ない道を、灯油を買い足しに行く。
雪はいよいよ本降りで、風に勢いよく舞って濡れた舗道に吸い込まれていった。明るい夜道だった。
家のある赤津の方は、瀬戸の街中より気温がだいぶ低い。繁華街をぬけると、車の中でも気温差が分かるほどで、予想通り積もってきていた。
街の光が後方に消えていくと、徐々にしん、とした雪明りになる。
同じ雪の光でも、ずいぶん静かな光だ。
モノクロに少し青を足したような色の山道を、車のライトでお邪魔をしながら帰宅した。
あー家の庭も。
引越してはじめての雪。
しばし、青白い庭と、その向こうの青白い山々を眺める。
静かだなぁ。
いつも静かだけれど、色が少ないと余計静かに思えるから不思議だ。
しん、しん、しん、と、雪明り。



これを書いている今は、もう雪は止んでしまっている。
明日は残ってくれているかなぁ。
今日はビールじゃなくてお酒かな…。




(注)これは今日の雪ではありません
数年前に哲学の道で遭遇した雪景色です。べっぴんやったなぁー今日は写真撮れまへんでした(いつもです)写真撮るより見ていたい欲求がだいたい勝ってしまうものぐさやろうに今宵は乾杯してみます
< 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々のこと 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.12.06(Thu) 09:00
久しぶりの更新です。
moblog_98bfc1ff.jpg
く…くらい!!


間隔が空くと、その間にあったことが多すぎて何から書いていいか分からない。
仕事以外に我が家で起こったささやかな出来事。

・庭を冬仕様にした。
雑草の根をさらって畑を拡大し、大きくなった多年草を株分けして植え替え、マルチングなど寒さ対策。

・近くにオープンしたニトリに行った→家が暖かくなった。

・同じくニトリで焼き鳥ができる小さな機械を購入。一度に二、三本しか焼けないが、とても美味しくできる。しみじみ、呑める。

・お気に入りの酒屋にて、80円の第三ビールに巡り会う。
理想を日本ビールではなくドイツビールに向けたようないろんな味がするアルコール飲料で、チープ感、なんちゃって感がたのしい。何より安い。しばらくはこれでいい。

・誕生日をむかえ、年をとった。
今年ずっと37歳だと思っていて、人にもそう言ってきたのだが、今回で37になったようだ。自分の歳が分からなくなるのは時間の問題かもしれない。
自分の誕生日を祝ってくれる数少ない人たちそれぞれからビールをいただいた。。。皆がずっと贈り物に迷わなくていいように、肝臓を大事にしなければ!

・Facebookをはじめた。
はじめただけで、放置している。作品の写真だけにしようと思っている。
幾人か、懐かしい友達を発見した。連絡はしていないけれど。またいつか、どこかで。ゆるく、長く、いつまでも元気で。



先月からイメージをふくらましていた新しい器を、作りはじめた。
まだ試作品。一月中には、決まるといいな。


出来事を挙げていると、年末の匂いが漂ってきた。
音も、空気も、何だか懐かしい。


moblog_e9bea731.jpg
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々のこと 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2012 ビールが好きだもん!, all rights reserved.