FC2ブログ
dj_top

上松香織

Author:上松香織
愛知県瀬戸市で器を作っています。
ビールを飲むことを日課としております。

日々のこと (11)
仕事 (8)
器 (8)
その他 (3)
未分類 (7)
音楽 (1)

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

瀬戸市で器を作っている上松香織のブログです。
http://uematsukaoriutsuwa.blog.fc2.com/
sen
2012.11.21(Wed) 01:15
やっとこさ更新ですー
小学生の頃、細々と長い間日記をつけていたのだけれど、その時とあまり変わらないペース配分になりそうです。

日記を一年つけた者は、何かを成し遂げる者である。
日記を十年続けた者は、すでに何かを成し遂げた者である。

これは毎日続けた場合なんだろねぇ。。。



小学生の頃といえば、女子の間では交換日記が流行っていた。
私も付き合いで、多い時は10人くらいと交換日記をしていたけれど、あれは苦手だった…。
なんだのかんだの言って後回しにしていると、全員分溜まってしまって、宿題より憂鬱な気持ちで片付けていたことを思い出す。
だいたいの中身は、好きな子は?( )誰々ちゃんは嫌い?( )(かっこの中に回答を入れる)等々、学校の人間関係の話題が中心だったが、一人だけ変わった子がいた。

その子は中学受験を考えていたAちゃんという子で、交換日記にいつもひとつ、算数の文章問題を書いてくる。
それがけっこう面白かった。
受験参考書に載っている難関校の入試問題で、歯車が幾つも合わさったやつや、向こう岸には最低何回で全員渡れるかみたいなあれである。
私は受験生でも何でもなかったので、難解な引っ掛け問題が新鮮でなぞなぞみたいで、毎回わくわくして問題を待っていた。
「このはぐるまのなぞをとけなければ、おまえのいのちはなーい!!」
と、あくまがいった←ような気持ち。
無人島で宝の地図を読み解くような気持ち。
壊れた機械の中を開けてみたくなる気持ち。
Aちゃんも私も、問題を交換していることが何だか恥ずかしかったので、いつもコソコソ答え合わせをしていた。遊びだと言っても誰も信じてくれなそうだったし、自慢ばなしと思われるのが嫌だった。



私の場合は、塾も習い事も何もしていない自由小学生だったので、気楽なもんだった。
間違ったって、将来が変わるわけでもなかった。
けれどAちゃんは、あの問題を制限時間の中で間違いなく解かなくちゃいけなかったんだなぁ。
毎日一生懸命勉強していたAちゃん。
その重圧は、私にはあまり分かってなかったように思う。




Aちゃんは、その後見事志望校に合格した。
学校が離れ、私もふるさとを離れたので、あれっきり会っていない。
だいぶ月日が経ってから、Aちゃんが中学に入って拒食症になってしまったことを知った。



今は、笑っているかな。
文集の将来の夢は、総理大臣と書いていたなぁ…変な、かっこいい、女の子だった。
日記のことでふと、自分の変わらないていたらくを思い、いろんなことがあっても、なんとなくあの頃のままのような気がするAちゃんを思い、いつも筆不精音信不通の我が身を再度呆れなおして、今宵も〆の一杯いきたいと思います。
カティーサークなくなりましてオーバーホルト、おぉ、これもあとわずか…(溜息)
飲んで、ねます!!
お疲れさまどした!






 
スポンサーサイト



Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々のこと 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.11(Sun) 00:13
仕事の後の一杯を毎日心待ちにしているけれど、銘柄や種類にあまりこだわる方ではない。
もちろん好みはあるし、冷えてりゃいいというわけではないけれど(ぬるい方が美味しい時もある)、細かいことは考えず、そのビールの良いところを探してその時間を楽しめたらと思っている。
だから発泡酒や第三で、普段はじゅうぶんである。
特に秋冬は、一缶100円でいい時間を過ごせるものが、好み的には多く出回る気がする。
できれば夏もスッキリ系ばかり推さずに、味がする飲み物を片隅に置いといて欲しいものだ。秋や冬の名前のついたものの売れ残りでかまわないから。


今日は子ども創造館の仕事があり、一日子どもと粘土遊びをしていた。
瀬戸のノベルティ子ども創造館は、無料で子どもが粘土や石膏、紙などを使って遊べる施設で、プログラムの遊び方の説明を聞いてから、自由に作る。常時4つほどののプログラムがあり、二ヶ月ほどでプログラムは更新されて、何度も来る子にも飽きさせない仕組みになっている。
放っておいてもどんどん自分のなかで世界を広げて、それを表現してしまえる子どももいれば、見本で作ったとおりに上手に作る子、何を作って良いかわからない子もいる。
粘土を触るとすぐに手の汚れを気にして洗おうとする子もいる。
けれどどんな子どももその子なりに楽しんで帰ってもらいたいし、願わくば心のままに作るよろこびを、子どもの頃くらいは味わってほしいなぁなんて、甘い期待を抱いている。
けれど、自分の力不足を感じることもままある。


今日からはじまった、粘土の和菓子屋さんのプログラムだが、和菓子のかたちの石膏型があるからか、型からぽん、と抜いただけの和菓子が量産された。
小さい子は、型から抜く行為そのものがたのしくて、きゃっきゃ言っていたのは良かったけれど、小学生が作ったには少しさみしい気がした。
もみじまんじゅうや千鳥の型は、もみじまんじゅうや千鳥でしかなく、その固有のデザインを複製することに何の創造性もない。
和菓子に見えないけれどその子の中で和菓子、で良いと思う。



自由な発想で和菓子が作れれば、和菓子職人も夢じゃないくらい、難しいカテゴリーなのかもしれない。
導入の難しさを感じた。
明日からどうしよう。。。説明を変えていかなくてはだめだわね。。
和菓子の型を破る和菓子が見たい!!


というわけで今日はビールは済んだので、カティーサークで一杯。
しみるなぁ…!!
お疲れさまででした~!! 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:仕事 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.09(Fri) 21:34
今日は久々のお休みで、一日中うちにいた。
ブログをはじめたばかりということで機能を把握できておらず、ひととおり読んだりアルバムを作ってみたりして遊んだ。
使っていたWi-Fiが入らないところにこの春引っ越してから、パソコンはほとんどしまいっぱなしで、このブログもiPhoneで登録からすべて行うはめになっているので、いろいろ時間がかかる。
そのうちホームページかブログを、なんて思っていたけれど、なかなか腰が上がらなかった。
何故突然やる気になったかといえば、先月参加したイベントで、ネットで新しい作品が見られるところはないですか?とよく聞かれたからである。まだ学校出てあまり経っておらず、はぁ、なんて汗かきかき言っていたけれど、今はネットで作品くらいみれて当たり前なのかもしれない。やんなよ!やんなよ!やんなよ!と、頭の工場長が繰り返していた。
自分だって、なんやかやと毎日検索してるしなぁ。
というわけで、今、あーでもないこーでもないと、よちよちやっている。


そんな休日は、コーヒーをがぶ飲みする。
この秋、念願のコーヒーメーカーを購入し、以前よりこの時間がたのしくなった。
淹れている間に漂ってくる香りや、しゅーっとかゴォーッとかいう音がたまらんのです。
この時間を知ってはいたのだけれど、なければないで過ごしてしまえるので、ここ何年もインスタントでがぶ飲みしていた。
けれど今は、なくなったらすーごく寒くなるだろうな。



うちの蓮弁もんさんはお茶もいいけれどむしろコーヒーが合います。
コーヒー用なので、少し厚手で大ぶりです。


上松香織 蓮弁文湯呑み
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々のこと 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.06(Tue) 23:27
少し山の方へ行けばもうすっぽりと秋に包まれる。
瀬戸市内の静かな山間にある文化財復元会社のアトリエで、埴輪作りの期間限定アルバイトがはじまった。


紐作りで、高さ約70センチに筒を積み上げる。
人のかたちをしているものではないし、寸法がきっちり決まっているただの円筒と言ってしまえばそれまでだけれど、これは筒、ではなく、埴輪なのだ。

かつて王の墓に入れられたもの。
シンプルな筒であるだけに、人にも、馬にも、建造物のようにも映る。
会社のスタッフさんたちはいうまでもなく復元のプロなので、実物の作りをよく分析し、表面的なかたちだけではなく制作プロセスも昔のひとびとに倣い、より忠実に復元できるよう指示してくれる。
まっすぐ上まで積めるところを、実物のゆらぎやぶれ、デコボコを再現するため、あえて継いだり手の跡を残したりして作るのだ。



私もいにしえに思いを馳せ、いざ一体目…。
設計図は、ずんぐりしてて、プリッとしていて、生き生きした感じ。
しかし実際に作ってみると、そのハニワはぎこちなく、どこかわざとらしい。
本当に埴輪を作っているのではなく、まだまだ埴輪の復元をしている意識が強いからかな。
意図しないで生まれたラインの愛嬌だったり。
何気なく入れられた線や模様のバランスやアンバランスの素晴らしさだったり。
織り込まれた祈りであったり。
すごいなぁ、古代人。
とことん単純化された、またはとことん強調されたデザインは、今みてもおもしろく、おどろおどろしく、キュン、とくるものがある。
やわらかい筒を継ぐというはじめての体験も、パーツが破れるというガッカリすぎる結末に終わり、同時に今日じゅうに一体仕上げる夢も終わった。

はぁ~
作っているときはとってもたのしかったんだけどなぁー!
しゅん、と、うなだれて帰りましたです。わたしゃ。




というわけで、帰りに
買ってしまいました、第三ではないやつを!


あまり見かけない子ですこと~♪
味は軽くて異国の昼の風、一気に喉を駆け抜けていったわん、
明日はすてきなハニワができますように!!

お疲れさま!

 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:仕事 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.05(Mon) 23:09
Trackback(0) Comment(0) 
Category:その他 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.05(Mon) 23:08
Trackback(0) Comment(0) 
Category:その他 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.05(Mon) 12:46
とりあえず、はじめてみようと思います。文字色 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:その他 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2012 ビールが好きだもん!, all rights reserved.